タグ:CATV ( 12 ) タグの人気記事

『運命じゃない人』

d0107263_22454026.jpg運命じゃない人

サラリーマン宮田は、頼まれたことは絶対に断れない
絵に描いたようなお人よし。
せっかく買ったマンションに引っ越して一週間で、
「好きな人ができた」と出て行った彼女のことも
未だに忘れられずにいる。
そんな宮田を歯がゆく思う親友の探偵神田は、
レストランで、ある女性をナンパ。
その女性は婚約を破棄し、ひとりぼっちで生きていくという
覚悟を決めたばかりの真紀だった。
住むところのない真紀は宮田の好意で家に招かれるが、
そこにひょっこりと前の彼女あゆみが帰ってくる…。



まいったまいった!
これが劇場映画初監督作品?しかもオリジナル脚本?
ホントですか?
ぼんやりしている間に新しくって瑞々しい才能が開花してるんですね。
第14回のPFFスカラシップ作品。
日本映画はまだまだこれから!って思えてうれしくなる。

予備知識なしに、オムニバスなのかなぁ、と油断していたら、
転がる転がる、そして見事につながってる!
ジャパニーズ『クラッシュ』と言っても言い過ぎじゃないと思います。
ホントにいい意味で期待を裏切ります、最後の最後まで。

冒頭の、誠実だけがとりえの頼りなげな宮田君のくだりでは、
「ああ、こんなやさしい恋がしたいなぁ」とつい思ってしまった私ですが、
探偵神田君のお話に突入してからというもの、テンポは一転、
そしてそして…
ああ、もう、これ以上は観た方がいいです。

CMでなにやらいい味出してた彼が中村さん、
昼ドラでやけに大きな芝居をするなぁと印象に残ってたのが山中さんね、
と覚えたわけで、新しく役者さんの魅力を知るのもこの手の映画のお楽しみだね。
キャスティングも絶妙でした。

とにかく、こんな面白ムービー観なくちゃ損です。
なんだかすごく元気をもらったぞ。


2007.5.1 CATVにて
私的☆印  ★★★★★

2004年公開作品
公式サイト
【監督】 内田けんじ
【キャスト】 中村靖日 霧島れいか 山中聡 山下規介 板谷由夏
[PR]
by satsukiloves | 2007-05-01 01:00 | ア行

『ニライカナイからの手紙』

d0107263_1732167.jpg
ニライカナイからの手紙
沖縄の竹富島で郵便局長のおじいとともに暮らす風希。
風希の母は、風希が幼い頃島を離れ東京で暮らしている。
1年に1回、東京から届く母の手紙を楽しみにしている
風希だったが、母が島に戻ることは一度もなかった。
高校卒業後、写真の勉強をしたいと東京行きを決めた風希は、
おじいの反対を押し切り島を出る。
そして、二十歳の誕生日にはすべてを話すという
母の手紙の言葉を信じ、
慣れぬ土地での生活を始めるのだった。



いやあ、うっかりしました。
ぼろ泣きしてしまいました。

物語の最初の方で、筋書きは読めてしまうのだけれど、
母が子を想う気持ちの強さと深さ、
南 果歩ちゃんが読み上げる手紙のなんとあたたかいこと。
そして、その思いを汲み取って支え続けるのが、おじいと島の人たち。
子供は親だけが育てるもんじゃないんだね。

今日日、こんな素直な二十歳のお嬢さんがいるかどうかわかんないけど、
(いや、いるね、きっといるさ)
こんな愛情に育てられたら、きっとまっすぐに。

蒼井優ちゃんの清潔感はもちろんのこと、
金井勇太くんも私はとてもよかったよ。
とても気持ちのいい映画でした。


2007.4.22 CATVにて
私的☆印  ★★★★☆

2005年公開作品
【監督】 熊澤尚人
【キャスト】 蒼井優 平良進 南果歩 金井勇太 前田吟
[PR]
by satsukiloves | 2007-04-22 04:00 | ナ行

『きょうのできごと』

d0107263_17332973.jpg
きょうのできごと
京都の大学院に進学する正道の引っ越し祝いに集まった仲間達。
彼らは、それぞれにいろんな思いを抱え無邪気に騒ぐ。
テレビから流れるのは、
ビルとビルの間に挟まり動けなくなった男が
レスキュー隊員に救助されているニュース。
そして、浜辺に座礁したクジラの姿。
それぞれの時間がそれぞれに流れ、
やがて夜が明けようとしていた…。




うーん。
普通だ。
でも、普通だからいいのかね。
副題は「a day on the planet」
この小さな星の上でさまざまなできごとが起きて、
それぞれがそれぞれの日常を慈しむ。
そんな映画だった。

伊藤 歩ちゃんが実に可愛かったなぁ。
柏原(弟)の自然体の押さえた演技もよかったです。
そしてやっぱり池脇ちーちゃんははずせないね。
うん、キャストがよかった、とても。


2007.4.22 CATVにて
私的☆印  ★★☆☆☆

2004年公開作品
【監督】 行定 勲
【キャスト】 田中麗奈 妻夫木聡 伊藤歩 柏原収史  池脇千鶴 
        山本太郎  大倉孝二 津田寛治
[PR]
by satsukiloves | 2007-04-22 03:00 | カ行

『ミッドナイト・エクスプレス』

d0107263_1536435.jpgミッドナイト・エクスプレス
 1970年、トルコ・イスタンブール空港。
 2キロのハシシ(麻薬)をアメリカへ運び出そうとしていた
 アメリカ人青年ビリー・ヘイズはハシシ密輸の罪で逮捕された。
 アメリカと中東との緊迫した国際情勢の中で、
 ビリーは4年の刑を言い渡される。
 3年余の月日が流れ、刑期が終るのを心待ちに、
 ひたすら模範囚としてつとめあげてきたビリーだったが、
 政治的かけひきのため裁判がやり直され、
 刑期30年という判決を言い渡される。
 深夜特急とは刑務所隠語で『脱獄』のこと。
 果たしてビリーは深夜特急に乗ることが出来るのか。



映画を好きになった、
映画館を好きになったきっかけの映画をこの時期に観ることになるとは。

19の時だった。
確か水道橋だったと思う。
今は東京ドームのある場所に、
当時、名画座と呼ばれていた2本立ての映画館があって、
もう片方を目当てに出掛けた私は、
この映画に頭をぶん殴られたのだった。

自業自得とは言え、「生きる」ためにもがくビリーと、
退廃した刑務所という非日常の世界。
それまで「体験」したことのない映画だったんだ。

ゴールデンタイムの映画劇場で放映される予定が、
舞台となったトルコ政府からの反発を受け、
後日、深夜帯に大幅カットの上放映されたって記憶がある。
それくらいハードな場面がたくさんあって、
「好きな映画か」と聞かれると悩むけれど、
何度観ても「ガツン」とやられてしまう一本なのだ。

この後、『FAME』を撮ったアラン・パーカー監督は、
時間の流れを表現するのが上手い監督だと思う。

主演のブラッド・デイビスは残念ながら若くしてこの世を去ってしまったけれど、
この映画で一番目を釘付けにされたMr.ジョン・ハート。
この後、彼の出ている映画を観たくて、
またあちこちの名画座をまわったものだっけ。
そして『エイリアン』好きにもなったんだっけ。

以来、今日まで映画好きは続いてる。
この一本に出会わなかったら、
きっとこのブログだって存在してないってことだね。
おお、大事な作品だ。


2007.4.5 CATVにて
私的☆印  ★★★★★


1978年/イギリス トルコ
【監督】 アラン・パーカー
【キャスト】 ブラッド・デイヴィス ランディ・クエイド ボー・ホプキンス ジョン・ハート
[PR]
by satsukiloves | 2007-04-05 01:00 | マ行

『ダニー・ザ・ドッグ』

d0107263_2084965.jpgダニー・ザ・ドッグ DTSスペシャル・エディション (初回限定生産)

5歳の時に誘拐され、金儲けの道具として
戦うためだけに育てられたダニー。
ある日、絵本の中で見たピアノを初めて目にしたダニーは、
盲目の調律師サムと出会い、彼の奏でた旋律に心惹かれる。
ある出来事をきっかけに、
サムとその養女ヴィクトリアと暮らすことになり、
ダニーは本来の人間としての感情に目覚めていく。
しかし、育ての親バートがそれを見過ごすはずもなく…




わ、我らがリー・リンチェイ(古くてすみませんっ)に首輪だなんて~。

と、冒頭で思った私でしたが、
やっぱり、これは彼にしか出来なかった役でした。

まさに「闘犬」から一転、
ダニーがサムとその娘との新しい生活の中で、
初めて知る言葉、初めて知る感情、
まるで小さな子供が初めて何かを学ぶ時のキラキラしたその目はまさに仔犬のよう。
なんとジェット、1963年生まれ。つーことは、公開時、彼はすでに…
ああ、こんな愛くるしい目でなついてくる40代男子!
いませんか。そうですか。

失礼、映画の話でした。

しかしまあ、彼の格闘シーンの動きのなんて美しいこと。
優雅という言葉さえ浮かんでしまう。
アクション監督は『マトリックス』シリーズのユエン・ウーピンだそうで、
言われてみれば「なるほど」な動きもあり。
仕掛人であり脚本はリュック・ベッソンなんですね。

ダニーの幸せを願いながら手に汗して見入ってしまうのだけど、
最後の敵討ちのオチはちょっと。
ジェットの新たな魅力が見られたので帳消しでいいかな。
甘いっ。


2007.2.20 Movie Plusにて
私的☆印  ★★★☆☆

2004年/フランス・アメリカ
公式サイト
【監督】 ルイ・レテリエ
【キャスト】 ジェット・リー モーガン・フリーマン ボブ・ホスキンス ケリー・コンドン
[PR]
by satsukiloves | 2007-02-20 02:00 | タ行

『17歳のカルテ』

d0107263_2010077.jpg17歳のカルテ


夢と現実が混乱したことはある? 
1967年。作家になることを夢見る17歳のスザンナ・ケイセンは、
アスピリンを大量に飲んで自殺を図り、精神科に入院。
自らの感情にとまどい、揺れ動くスザンナ。
しかし、病院で出会った風変わりな女性たちとふれあい、
彼女は自身の道を取り戻していく。





観よう観ようと思いつつ、半ば意図的に観なかった映画を、
ここで観てみた。
自身の体験を綴った回想録が原作。
退院から25年後に出版したのだそう。

彼女も彼女たちも、
社会の中では上手く生きられないけれど、
でも、もがいて苦しんでいた。
投影させることが出来るかといえばそれは無理だけれど、
ウーピー演じる看護士さんが言う、
「安住してはダメ」という台詞がひどく心に残った。
誰もが世界を変えられるのかもしれない。
誰かと関わることによって。


2007.2.20 Movie Plusにて
私的☆印  ★★☆☆☆

2000年/アメリカ
公式サイト
【監督】 ジェームズ・マンゴールド
【キャスト】 ウィノナ・ライダー アンジェリーナ・ジョリー
        ウーピー・ゴールドバーグ バネッサ・レッドグレーブ
[PR]
by satsukiloves | 2007-02-20 01:00 | サ行

『フレディ VS ジェイソン』

d0107263_2055453.jpgフレディVSジェイソン

何か説明いります?(笑)でも一応。

『エルム街の悪夢シリーズ』のフレディ・クルーガーと
『13日の金曜日シリーズ』のジェイソン・ボーヒーズが対決!
ファンにとっては夢の映画である。







いや、わろた。わらかしてもろた。特に後半。
この企画を大真面目に実現してしまう大人たちがいることにバンザイだ。

知人が酷評していたので、
期待しないで観始めたのだけど、
思っていたより、一応ストーリーもあるし、
わかっちゃいるけど脅かしてもくれるし、
「よくできてるじゃ~ん」と思った中盤当たりから一転、
こ、これは!コメディ?!
「なんでもありなんだよ!」などという台詞を使うとはお見事すぎる。

グラマーぞろいの女優陣の白熱の演技、
スプラッタならではの大袈裟さ加減、
主人公とハイスクールの友人たちが力を合わせるんだけど、
やられちゃう順番も予想どおり。
そう、お約束満載の一本なのである。

とにかくフレディ大活躍。
ちなみに私は「エルム街シリーズ」観たことないです(笑)
しかしながら、夢の中の殺人鬼と現実世界の殺人鬼の対決という、
厳しい設定を脚本化し映像化した点からも、予想外の大健闘な一本。
こういうの好き♪


2007.2.18 Movie plusにて
私的☆印  ★★★☆☆

2003年公開作品
【監督】 ロニー・ユー
【キャスト】 フレディ ジェイソン
[PR]
by satsukiloves | 2007-02-18 04:00 | ハ行

『天国の青い蝶』

d0107263_20115043.jpg天国の青い蝶

末期脳腫瘍で余命わずかと宣告された
10歳の少年ピート。
彼の願いは、中南米の熱帯雨林に限られた時期だけ姿を見せる
神秘の蝶“ブルーモルフォ”を自分の手で捕まえること。
ピートが尊敬してやまない世界的昆虫学者アラン・オズボーンは、
ピートの情熱に負け、その願いを叶えようと旅の同行を承諾する。
彼らの願いは叶うのか。
そして、幻の蝶を捜し求める旅の中で彼らが見つける本当に一番大切なものとは。



普段は観ないの。病気モノと子供モノ。
でも、観てみました。
ジャングルで出会う木々や昆虫。命の美しさ。
彼らの心に起こる変化と奇蹟。
お約束なんです。
でも、名優ウィリアム・ハートの演技がこの映画をチープなものにしていないのが救い。

ネタバレなので書きませんが、
ピートの身に起こる奇蹟は実話なのだそうで、
命の大切さや本当の神秘とは何か、
そんなお話でした。

あ、虫さんとか爬虫類さんのアップが多いので、
苦手な人はお気をつけて。

2007.2.18 Movie plusにて
私的☆印  ★☆☆☆☆

2004年/カナダ・イギリス
公式サイト
【監督】レア・プール
【キャスト】ウィリアム・ハート マーク・ドネイト
[PR]
by satsukiloves | 2007-02-18 03:00 | タ行

『皇帝ペンギン』

d0107263_2073682.jpg皇帝ペンギン プレミアム・エディション

マイナス40℃の南極の大自然に生きる
皇帝ペンギンの知られざる感動のドラマ。
今まで誰も観たことのない南極の壮大な自然のスペクタルと、
単なるドキュメンタリーを越えた、
皇帝ペンギンの親と子のあたたかな物語
(公式HPより)






以前、『ディープ・ブルー』にいたく胸ふるえたことを覚えていて、
これも観てみました。

ある夫婦ペンギンの物語として語られているけれど、
やはりドキュメンタリーの雄弁さにはかなわない。
皇帝ペンギンの子育てや命の繋ぎ方には、驚かされるばかり。
監督は動物行動学の研究者でもあるそうで、
たった3人のスタッフが8880時間かけて撮影した、
という情熱にも頭が下がります。

マイナス40度という南極の白い世界が舞台なので、
寒い冬より、やっぱり夏に観たほうが良かったかも。


2007.2.18 Movie plusにて
私的☆印  ★★☆☆☆

2005年公開作品
公式サイトの1ページ
【監督】リュック・ジャケ
[PR]
by satsukiloves | 2007-02-18 02:00 | カ行

『県庁の星』

d0107263_14524012.jpg県庁の星 スペシャル・エディション

県庁のエリート公務員、野村が、
「民間交流事業」の一環として出向いた先は、
「お客様の満足が一番」をうたいながらも、
リストラ、閉店の危機を抱えるスーパーマーケット。
自らのキャリアアップのためだけに出向した
「県庁さん」に訪れる初めての挫折。
そして、エリート公務員ととパート店員との間で起こる化学反応とは?




う~ん、惜しいなぁ。
何かが惜しい。
こういうの嫌いじゃないんだけどな。

原作は未読ですが、人間ドラマとして描くなら、
もうちょっとイケたんじゃなかろうかと。
伊丹十三監督の『スーパーの女』を彷彿とさせてしまうだけに、
もうひとつ踏み込んだ新しい切り口を望むところ。

「県庁さん」とパート店員二宮が次第に心を通わせて、
互いを理解しようとしていく様は、
やっぱりもう少し丁寧に描いて欲しかった。

でも、織田裕二って、やっぱり牽引力がある俳優さんですね。
目力(めぢから)だろうか?
柴崎コウちゃんも目力では負けてないけど。

これも、テレビ局がらみの作品だけれど、
安心して観ていられる邦画が増えるのは悪いことじゃないかもね。

2007.2.18 日本映画専門チャンネルにて
私的☆印 ★☆☆☆☆

2005年公開作品
公式サイト
【監督】 西谷 弘
【キャスト】織田裕二、柴崎コウ
[PR]
by satsukiloves | 2007-02-18 01:00 | カ行