カテゴリ:ア行( 13 )

『運命じゃない人』

d0107263_22454026.jpg運命じゃない人

サラリーマン宮田は、頼まれたことは絶対に断れない
絵に描いたようなお人よし。
せっかく買ったマンションに引っ越して一週間で、
「好きな人ができた」と出て行った彼女のことも
未だに忘れられずにいる。
そんな宮田を歯がゆく思う親友の探偵神田は、
レストランで、ある女性をナンパ。
その女性は婚約を破棄し、ひとりぼっちで生きていくという
覚悟を決めたばかりの真紀だった。
住むところのない真紀は宮田の好意で家に招かれるが、
そこにひょっこりと前の彼女あゆみが帰ってくる…。



まいったまいった!
これが劇場映画初監督作品?しかもオリジナル脚本?
ホントですか?
ぼんやりしている間に新しくって瑞々しい才能が開花してるんですね。
第14回のPFFスカラシップ作品。
日本映画はまだまだこれから!って思えてうれしくなる。

予備知識なしに、オムニバスなのかなぁ、と油断していたら、
転がる転がる、そして見事につながってる!
ジャパニーズ『クラッシュ』と言っても言い過ぎじゃないと思います。
ホントにいい意味で期待を裏切ります、最後の最後まで。

冒頭の、誠実だけがとりえの頼りなげな宮田君のくだりでは、
「ああ、こんなやさしい恋がしたいなぁ」とつい思ってしまった私ですが、
探偵神田君のお話に突入してからというもの、テンポは一転、
そしてそして…
ああ、もう、これ以上は観た方がいいです。

CMでなにやらいい味出してた彼が中村さん、
昼ドラでやけに大きな芝居をするなぁと印象に残ってたのが山中さんね、
と覚えたわけで、新しく役者さんの魅力を知るのもこの手の映画のお楽しみだね。
キャスティングも絶妙でした。

とにかく、こんな面白ムービー観なくちゃ損です。
なんだかすごく元気をもらったぞ。


2007.5.1 CATVにて
私的☆印  ★★★★★

2004年公開作品
公式サイト
【監督】 内田けんじ
【キャスト】 中村靖日 霧島れいか 山中聡 山下規介 板谷由夏
[PR]
by satsukiloves | 2007-05-01 01:00 | ア行

『ウインター・ソング』

d0107263_16213131.jpgウィンター・ソング

かつて、愛し合ったふたり、
映画監督を夢見る林見東と、女優を夢見る孫納。
しかし、女優への夢を叶えるため孫納は見東の元を去ってしまう。
見東がそれでも彼女を思い続けて10年、
俳優となった見東と孫納は、
ミュージカル映画の共演者として再会する。
ふたりは、劇中で演じる男女に自分たちを重ね合わせ始めるが、
一方では、孫納の現在の恋人、監督の聶文が、
彼女の気持ちが自分から離れるのを恐れていた。



人には、目の保養といふものが必要なのですよ。
ということで、久々に借りたのはこれ。

はあ、なんて目なんでしょう。「アジアの黒曜石」。
ため息ですねぇ、武くん。
三十路を過ぎてもなおみめ麗しい。
しかも、歌声まで聴けるわけですし、
サラ髪にメガネにジャージ姿も観られちゃうわけですし。

10年前の若きシーンと、大人になった現在の姿を、
見事に演じ分けてましたね。
お芝居が深くなった気がして、
良い感じに年齢を重ねてるんだろうなと。
昔、涙を流す芝居はしない的発言をしておられましたが、
今作でハラハラと流す涙にはぐっときますよ、そりゃ。

さすがピーター・チャン監督、
ツボははずさないんだけどね。
物語はありがちでも、その展開は斬新な気がしましたが、
てんこ盛り過ぎた感がしたのと、多用されている音楽がほとんど耳に残らないのが残念。
こんなことならディックを使いなさい。DICK LEEを。
香港映画屈指の名作『ラブ・ソング』 を超えるラブ・ストーリーください、監督。
と、香港映画には矛盾を言ってみる私。

でさ、なんだよなんだよ、言ってくれよ。
『歌神』ジャッキー・チュン(チェンじゃないよ、張 學友だよ)がスクリーンで歌うだなんてさ~。
しかも重要な役どころじゃないですか!
でさ、エリック・ツァンも出てるんじゃん。
これは這ってでも劇場に行くべきだったかとがっくり。

物語の作りを考えても、宣伝をもっと考えてほしかったなぁ。
劇場で「イメージと違った!」って方も多かったのでは?
香港映画ファンは健在だってこと忘れないでちょうだい。

ともあれ、クレジットにはクリストファー・ドイルの名前も発見して、
このところ韓流とかに押されている香港(中国)映画、もっと観たいよ~。
との想いを強くした私なのでした。

あ?また女優さんについて何も触れてませんね。こりゃまた失礼。


2007.4.16 DVDにて
私的☆印  ★★★☆☆

2005年/香港
公式サイト
【監督】 ピーター・チャン
【キャスト】 金城武 ジョウ・シュン ジャッキー・チュン チ・ジニ
[PR]
by satsukiloves | 2007-04-16 01:00 | ア行

『エレファントソング』

d0107263_117292.jpg


喫茶店でウェイトレスをしている加奈子は、
昔馴染みである初老の男、下月の訃報を受け取る。
“死んだら土に埋めてくれ”と語っていた下月との約束を果たそうと、
加奈子は知り合いの真鍋、加奈子の独り息子・進の3人で
彼の死体を運び出す…。








私にとって大切な映画を紹介します。
TV作品として6日間で撮影された短い一本ですが、
心に残って、ことあるごとに観かえしてしまう作品。

松田美由紀さん演じる「カコさん」、
どことなく私の持っている性質(タチ)と似ている気がしてしまう。

誰かに話しかけられる人になりたい。
ささやかな約束を本気で守る人になりたい。
そう願う「カコさん」がとても好きです。

この作品が撮られた年は、
私にとって忘れられない想いを
たくさん抱えた年でもあったからかもしれません。

利重監督の映画がとても好きです。
この映画を観た時、「結婚してください」と思いました。
そのくらい、利重監督の作品が大好きです。
次回作がいつになっても、きっと好きだと思います。


1994年 wowow(後に劇場公開)
WOWOW NEXT ENTERTAINMENT GENETICS
【監督】 利重 剛
【キャスト】 松田美由紀 三谷 昇 寺島進
[PR]
by satsukiloves | 2007-03-09 01:00 | ア行

『明日の記憶』

d0107263_21342652.jpg明日の記憶

 広告会社の営業マンとして働く雅行は、
 大きなプロジェクトを任され仕事は順調、
 娘の結婚も控え、多忙な日々を送っていた。
 50歳を目前にした頃、原因不明の体調不良に襲われ、
 クライアントとの重要な打ち合わせを忘れる、
 同じものを何度も買って帰るなどの症状が現れる。
 心配した妻になかば強引に連れて行かれた病院で、
 雅行は医師から「若年性アルツハイマー」の診断を受ける。




「若年性アルツハイマー」、誰にでも起こりうる可能性がある病、
「ゆっくり死んでいく」という恐怖に主人公と妻は向き合っていく。
実際はきっともっと壮絶なのだろう。
けれどこれは映画なのだから、ひとすじの光があっていい。

比較的テンポよく進んでいく前半と、
在宅となってからの後半との対比が主人公の心情を映していて、
病そのものよりもっと深いところ、「生きる」ことについて考えさせられる。
そして、家族であるということの重さと大切さと。

樋口可南子さんは『阿弥陀堂だより』(後日、番外編でUP予定)を観て、
なんて素敵な女優さんなんだろうと再認識したのだが、
この映画でも美しくて聡明で繊細な演技をみせてくれる。

渡辺 謙さんの演技に迷いがないことはもちろんのこと、
彼自身が原作を読んで映画化を切望したこの作品、
まさに渾身の一作、と言っていいと思う。
とても丁寧な作品である。


2007.3.6 DVDにて
私的☆印  ★★★★★

2006年公開作品
公式サイト
ほぼ日イトイ新聞 『明日の記憶』とつきあう。
【監督】 堤 幸彦
【キャスト】 渡辺 謙 樋口可南子 
[PR]
by satsukiloves | 2007-03-06 01:00 | ア行

『エターナル・サンシャイン』

d0107263_1182971.jpg
エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション

バレンタイン目前のある日、
ジョエルは喧嘩別れした恋人クレメンタインが
自分の記憶を消してしまった事を知り、
ショックのあまり自らも記憶を消すことを決意。
しかし、過去を思い出していくうちに、
彼女と過ごした日々の輝きが
いかに大切なものだったかに気づいていく。




ラブ・ストーリーはあんまり観ないの。
でも観てみました。
う~ん、やられた。これが映画のマジックだね。
仕掛けがおしゃれで、オススメする方が多いことにうなずきました。
ちょっと『マルコビッチの穴』を思い出した私って変でしょかね?

『タイタニック』が苦手な私は、やっとこれで、
「ケイト・ウィンスレットってかわいいじゃん」と思えるようになりました。
芸達者な役者さん揃いなので、安心して観ていられます。

失恋の記憶を消したいと思ったこと、
私はないかな。
だって、どれもこれもが今の私を形成してるから。
ま、いまだにぶっとばしたい奴はいるけどね(笑)


2007.2.26 DVDにて
私的☆印  ★★★☆☆

2004年/アメリカ
公式サイト
【監督】 ミシェル・ゴンドリー
【キャスト】 ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット イライジャ・ウッド
        キルスティン・ダンスト マーク・ラファロ トム・ウィルキンソン
[PR]
by satsukiloves | 2007-02-26 01:00 | ア行

『エミリー・ローズ』

d0107263_2013205.jpg
エミリー・ローズ デラックス・コレクターズ・エディション

19歳の大学生、エミリー・ローズを突然襲った
原因不明の激しい痙攣と恐ろしい幻覚。
医学の力を借りても悪化するばかりのその症状に、
彼女とその家族はリチャード・ムーア神父に
すべてを託す。
しかし、「悪魔祓い」は失敗に終わり、
エミリーは変わり果てた姿で命を落としてしまう…
彼女に棲みついたのは病か、悪魔か。
全国民注目の「悪魔祓い裁判」が始まる。


「悪魔祓い」といえば『エクソシスト』を思い浮かべるけれど、
(実は私もそうだった)
この物語のほとんどは「法廷」という舞台を中心に進んでいく。
果たして、神父は有罪なのか無罪なのか。
「エミリーの真実」が明かされるにしたがって、
動かしがたい事実が観客にも突きつけられる。

「悪魔」という概念が、やはり私たち日本人には馴染まないかもしれないが、
法廷劇としての見ごたえは十分。
「真実」はいったいどこにあるのか。
「闇の力」と戦いながら、どうやって証明できるのか。

残念に思ったのは、
エミリーを演じたジェニファー・カーペンターの身体能力の高さと、
確かな演技力がこの映画の核を支えているだけに、
「エミリーの崇高な魂」について、
もうひとつ説得力ある演出が欲しかった。

実話に基づいているだけに、
過剰な演出は不要であるということか。


2007.2.15 DVDにて
私的☆印  ★★☆☆☆

2005年/アメリカ

【監督】 スコット・デリクソン
【キャスト】 ローラ・リニー  トム・ウィルキンソン ジェニファー・カーペンター
[PR]
by satsukiloves | 2007-02-16 15:42 | ア行

『男はつらいよ 寅次郎紅の花』

d0107263_22164099.jpg
男はつらいよ 寅次郎紅の花
『男はつらいよ』第48作

残念ながら、この作品を最後に、
寅さんは長い長い旅に出てしまいました。

まるで、満男くんの恋の成就を見届けるかのように。


たくさんのマドンナたちとのエピソードも素敵だけれど、
やっぱり寅さんとリリーさんは一番お似合いなんだよね。

きっとまたどこかでこのふたりはばったり巡り会って、
ケンカしながら暮らしてみたりするのかもしれない。

終盤、満男くんのエピソードが増えたのは、
渥美さんの体調が思わしくなかったからだと、後で知りました。
満男くん役の吉岡くんは、
「渥美さんより出番が多いこと」に恐縮していたそう。

時折、吉岡くんのコミカルなお芝居の端に、
私は渥美さん、いや、私にとっては寅さん、を観ています。
もしかしたら、すごい財産残してくださったのね。渥美さん。


2007.1.20 BS2にて
私的☆印  ★★★☆☆

1995年公開作品
【監督】 山田洋次
【キャスト】 渥美 清 浅丘ルリ子 田中邦衛 後藤久美子 吉岡秀隆
[PR]
by satsukiloves | 2007-01-27 01:00 | ア行

『男はつらいよ 拝啓車寅次郎様』

d0107263_22242324.jpg
男はつらいよ 拝啓車寅次郎様

『男はつらいよ』第47作

靴メーカーに就職して半年、
営業マンとしての仕事に行き詰った満男は、
大学時代の先輩が住む琵琶湖畔、長浜へ。
先輩の妹に一目惚れした満男は、
偶然、寅次郎と再会するが…。


本作は、ほとんど満男くんの恋の話が中心で、
寅さんの活躍シーンは少ないんだよね。
でも、やっぱりいまひとつ頼りない満男くんへの恋愛指南は健在。

旅の空なら頼れるけれど、
家族だったらちょっと困る、
それが私のイメージする寅さん。

でも、満男くんにとってはいつも頼りにしたい伯父さんで、
ふたりは本当にいいコンビだと思う。
満男くんが家庭を持ったなら、ふたりのコンビはどうなるのか、
そんな場面も観てみたかったね。


2007.1.20 BS2にて
私的☆印  ★★☆☆☆

1994年公開作品
【監督】 山田洋次
【キャスト】 渥美 清 牧瀬里穂 小林幸子 山田雅人 吉岡秀隆
[PR]
by satsukiloves | 2007-01-20 01:00 | ア行

『男はつらいよ 寅次郎の縁談』

d0107263_2293963.jpg
男はつらいよ 寅次郎の縁談

『男はつらいよ』第46作

大学卒業を間近に控えながらも、
なかなか就職の決まらない満男は、
ある日、父・博とケンカをし、
家を飛び出してしまう。
さくらに頼まれ、
瀬戸内の島まで満男を連れ戻しに来た寅次郎は、またしても美女に一目惚れしてしまい…


これまた寅さんなんで、
安心して観ていられるのがお約束なんで、
もうそれでいいんです。

島を離れるシーン、
今回は、寅さんが頼もしく、満男くんの「情けな」ぶりが炸裂の一本。
ごめんなさいっ。

2007.1.16 NHK BS2にて
私的☆印  ★★☆☆☆

1993年公開作品
【監督】 山田洋次
【キャスト】 渥美 清 松坂慶子 島田正吾 吉岡秀隆  
[PR]
by satsukiloves | 2007-01-16 01:00 | ア行

『大奥』

d0107263_21402629.jpg

母にせがまれて劇場にお供して参りました。
いや、西島くん観たかったし。

衣装が絢爛豪華でした。
杉田かおるがとてもよかったです。
スキャンダル撒いてないで、
女優業に専念していただきたい、ぜひ。
仲間ちゃんは若いのでもちろんですが、
うるさ方を演じる女優陣の中では、高島礼子さんのアップが美しかったです。

でも、2時間ドラマでもよかったんじゃないの?

絵島(江島)生島事件は、歌舞伎や映画でも、
幾度も取り上げられた題材だそうで、
若かりし頃、その映画を観た記憶があるという母曰く、
「仲間ちゃんじゃ若すぎてきれいすぎる」とのことでした。


2007.1.12 海老名ヴァージンシネマズにて
私的☆印  ★☆☆☆☆

2006年公開作品
公式サイト
【監督】 林 徹
【キャスト】 仲間由紀絵 西島秀俊 井川 遙 及川光博 
        杉田かおる 高島礼子 松下由紀 浅野ゆう子
[PR]
by satsukiloves | 2007-01-12 01:00 | ア行