『運命じゃない人』

d0107263_22454026.jpg運命じゃない人

サラリーマン宮田は、頼まれたことは絶対に断れない
絵に描いたようなお人よし。
せっかく買ったマンションに引っ越して一週間で、
「好きな人ができた」と出て行った彼女のことも
未だに忘れられずにいる。
そんな宮田を歯がゆく思う親友の探偵神田は、
レストランで、ある女性をナンパ。
その女性は婚約を破棄し、ひとりぼっちで生きていくという
覚悟を決めたばかりの真紀だった。
住むところのない真紀は宮田の好意で家に招かれるが、
そこにひょっこりと前の彼女あゆみが帰ってくる…。



まいったまいった!
これが劇場映画初監督作品?しかもオリジナル脚本?
ホントですか?
ぼんやりしている間に新しくって瑞々しい才能が開花してるんですね。
第14回のPFFスカラシップ作品。
日本映画はまだまだこれから!って思えてうれしくなる。

予備知識なしに、オムニバスなのかなぁ、と油断していたら、
転がる転がる、そして見事につながってる!
ジャパニーズ『クラッシュ』と言っても言い過ぎじゃないと思います。
ホントにいい意味で期待を裏切ります、最後の最後まで。

冒頭の、誠実だけがとりえの頼りなげな宮田君のくだりでは、
「ああ、こんなやさしい恋がしたいなぁ」とつい思ってしまった私ですが、
探偵神田君のお話に突入してからというもの、テンポは一転、
そしてそして…
ああ、もう、これ以上は観た方がいいです。

CMでなにやらいい味出してた彼が中村さん、
昼ドラでやけに大きな芝居をするなぁと印象に残ってたのが山中さんね、
と覚えたわけで、新しく役者さんの魅力を知るのもこの手の映画のお楽しみだね。
キャスティングも絶妙でした。

とにかく、こんな面白ムービー観なくちゃ損です。
なんだかすごく元気をもらったぞ。


2007.5.1 CATVにて
私的☆印  ★★★★★

2004年公開作品
公式サイト
【監督】 内田けんじ
【キャスト】 中村靖日 霧島れいか 山中聡 山下規介 板谷由夏
[PR]
by satsukiloves | 2007-05-01 01:00 | ア行


『ニライカナイからの手紙』 >>