『ニライカナイからの手紙』

d0107263_1732167.jpg
ニライカナイからの手紙
沖縄の竹富島で郵便局長のおじいとともに暮らす風希。
風希の母は、風希が幼い頃島を離れ東京で暮らしている。
1年に1回、東京から届く母の手紙を楽しみにしている
風希だったが、母が島に戻ることは一度もなかった。
高校卒業後、写真の勉強をしたいと東京行きを決めた風希は、
おじいの反対を押し切り島を出る。
そして、二十歳の誕生日にはすべてを話すという
母の手紙の言葉を信じ、
慣れぬ土地での生活を始めるのだった。



いやあ、うっかりしました。
ぼろ泣きしてしまいました。

物語の最初の方で、筋書きは読めてしまうのだけれど、
母が子を想う気持ちの強さと深さ、
南 果歩ちゃんが読み上げる手紙のなんとあたたかいこと。
そして、その思いを汲み取って支え続けるのが、おじいと島の人たち。
子供は親だけが育てるもんじゃないんだね。

今日日、こんな素直な二十歳のお嬢さんがいるかどうかわかんないけど、
(いや、いるね、きっといるさ)
こんな愛情に育てられたら、きっとまっすぐに。

蒼井優ちゃんの清潔感はもちろんのこと、
金井勇太くんも私はとてもよかったよ。
とても気持ちのいい映画でした。


2007.4.22 CATVにて
私的☆印  ★★★★☆

2005年公開作品
【監督】 熊澤尚人
【キャスト】 蒼井優 平良進 南果歩 金井勇太 前田吟
[PR]
by satsukiloves | 2007-04-22 04:00 | ナ行


<< 『運命じゃない人』 『きょうのできごと』 >>