『ダ・ヴィンチ・コード』

d0107263_1721146.jpg
ダ・ヴィンチ・コード
ルーヴル美術館の館長ソニエールが遺体で発見された。
その日パリでの講演を終えた後ソニエールと会うことになっていた
ハーヴァード大学教授のラングドンは、
フランス司法警察のファーシュ警部に
捜査に協力して欲しいとの要請を受ける。
しかし、遺体の周りに残された不可解な暗号に
ラングドンの名前が含まれていたことから、
実は、ラングドン自身も容疑者とされていたのだった。
現場に現れたソニエールの孫娘で、暗号解読者のソフィーは、
祖父が自分だけに分かる暗号を残したことに気付く。



やっと観ました。今頃観ました。
原作を面白く読んだ私は「よく出来てる!」と思いました。
よくあの作品をこうもうまくまとめたものだと。
ただ、原作を読まずに観た人にはどうだったのかなぁ。

物語は、キリスト教のタブーに触れるとのことで、
賛否両論あったそうだけれど、
キリスト教徒でなかったり、その歴史を知らない人にも、
新解釈(タブーだっただけなのかな?)は興味深く、
原作はエンタなものとして読めたんだけど。

つまりは、原作の映像化という感じに落ち着いてしまうのかな。

原作のラングドン教授のイメージは、
(多分若き日の)ハリソン・フォードなので、
トム・ハンクスがキャスティングされたと聞いて
やや疑問に感じたのですが、
そこは芸達者トムでございます。
余計な心配してすみませんでした。

ラストで頭を垂れるシーンがひどく印象に残り、
原作との違いもすんなり受け入れられました。

2007.4.22 DVDにて
私的☆印  ★★★☆☆

2005年/アメリカ
公式サイト
【監督】 ロン・ハワード
【キャスト】 トム・ハンクス オドレイ・トトゥ イアン・マッケラン ジャン・レノ
[PR]
by satsukiloves | 2007-04-22 01:00 | タ行


<< 『初恋』 『ウインター・ソング』 >>