『ミッドナイト・エクスプレス』

d0107263_1536435.jpgミッドナイト・エクスプレス
 1970年、トルコ・イスタンブール空港。
 2キロのハシシ(麻薬)をアメリカへ運び出そうとしていた
 アメリカ人青年ビリー・ヘイズはハシシ密輸の罪で逮捕された。
 アメリカと中東との緊迫した国際情勢の中で、
 ビリーは4年の刑を言い渡される。
 3年余の月日が流れ、刑期が終るのを心待ちに、
 ひたすら模範囚としてつとめあげてきたビリーだったが、
 政治的かけひきのため裁判がやり直され、
 刑期30年という判決を言い渡される。
 深夜特急とは刑務所隠語で『脱獄』のこと。
 果たしてビリーは深夜特急に乗ることが出来るのか。



映画を好きになった、
映画館を好きになったきっかけの映画をこの時期に観ることになるとは。

19の時だった。
確か水道橋だったと思う。
今は東京ドームのある場所に、
当時、名画座と呼ばれていた2本立ての映画館があって、
もう片方を目当てに出掛けた私は、
この映画に頭をぶん殴られたのだった。

自業自得とは言え、「生きる」ためにもがくビリーと、
退廃した刑務所という非日常の世界。
それまで「体験」したことのない映画だったんだ。

ゴールデンタイムの映画劇場で放映される予定が、
舞台となったトルコ政府からの反発を受け、
後日、深夜帯に大幅カットの上放映されたって記憶がある。
それくらいハードな場面がたくさんあって、
「好きな映画か」と聞かれると悩むけれど、
何度観ても「ガツン」とやられてしまう一本なのだ。

この後、『FAME』を撮ったアラン・パーカー監督は、
時間の流れを表現するのが上手い監督だと思う。

主演のブラッド・デイビスは残念ながら若くしてこの世を去ってしまったけれど、
この映画で一番目を釘付けにされたMr.ジョン・ハート。
この後、彼の出ている映画を観たくて、
またあちこちの名画座をまわったものだっけ。
そして『エイリアン』好きにもなったんだっけ。

以来、今日まで映画好きは続いてる。
この一本に出会わなかったら、
きっとこのブログだって存在してないってことだね。
おお、大事な作品だ。


2007.4.5 CATVにて
私的☆印  ★★★★★


1978年/イギリス トルコ
【監督】 アラン・パーカー
【キャスト】 ブラッド・デイヴィス ランディ・クエイド ボー・ホプキンス ジョン・ハート
[PR]
by satsukiloves | 2007-04-05 01:00 | マ行


<< 『ウインター・ソング』 『レディ・イン・ザ・ウォーター』 >>