『エレファントソング』

d0107263_117292.jpg


喫茶店でウェイトレスをしている加奈子は、
昔馴染みである初老の男、下月の訃報を受け取る。
“死んだら土に埋めてくれ”と語っていた下月との約束を果たそうと、
加奈子は知り合いの真鍋、加奈子の独り息子・進の3人で
彼の死体を運び出す…。








私にとって大切な映画を紹介します。
TV作品として6日間で撮影された短い一本ですが、
心に残って、ことあるごとに観かえしてしまう作品。

松田美由紀さん演じる「カコさん」、
どことなく私の持っている性質(タチ)と似ている気がしてしまう。

誰かに話しかけられる人になりたい。
ささやかな約束を本気で守る人になりたい。
そう願う「カコさん」がとても好きです。

この作品が撮られた年は、
私にとって忘れられない想いを
たくさん抱えた年でもあったからかもしれません。

利重監督の映画がとても好きです。
この映画を観た時、「結婚してください」と思いました。
そのくらい、利重監督の作品が大好きです。
次回作がいつになっても、きっと好きだと思います。


1994年 wowow(後に劇場公開)
WOWOW NEXT ENTERTAINMENT GENETICS
【監督】 利重 剛
【キャスト】 松田美由紀 三谷 昇 寺島進
[PR]
by satsukiloves | 2007-03-09 01:00 | ア行


<< 『スクラップ・ヘブン』 『トンマッコルへようこそ』 >>