『クラッシュ』

d0107263_24577.jpgクラッシュ

 「触れ合いだよ。街中を歩けば、人と体が触れたり、
 ぶつかったりする。でもロスじゃ、触れ合いは皆無。
 人々は金属やガラスの後ろに隠れている。
 みんな触れ合いたいのさ。衝突し合い、何かを実感したいんだ」

 ロサンゼルス24時。黒人刑事のグラハムは、
 相棒であり恋人でもあるスペイン系のリアと
 追突事故に巻き込まれる。
 彼は偶然事故現場近くで発見された
 男性の死体に引き付けられる……。


参ったね。
どうやったらこんな脚本が書けて、
112分に収められるんだろうか。

いくつもの物語が幾重にも交差して、
さまざまな人種、さまざまな階級、さまざまな職業の彼らが、
思いもよらぬ連鎖を生み出していく。

かつて、非常によく似た手法で『マグノリア』という映画があったけれど、
あちらは長いだけでだまされた感が強かった。

本作の、時に残酷で、時に奇跡のようなその展開のなんと見事なこと。

音楽が効果的に使われているのも印象に残る。
これだけたくさんの人々の物語がどんな風に収束していくのか、
一瞬たりとも目が離せない。

善と悪とがあるとして、誰もが表裏一体。
これは「私の物語」でもあるのかもしれない。

★5つがすでに3つ目。
どうなる?3月の映画生活!


2007.3.6 DVDにて
私的☆印  ★★★★★

2005年/アメリカ
公式サイト
【監督】 ポール・ハギス
【キャスト】 サンドラ・ブロック ドン・チードル マット・ディロン ジェニファー・エスポジート
        ウィリアム・フィクトナー ブレンダン・フレイザー
[PR]
by satsukiloves | 2007-03-06 02:00 | カ行


<< 『トンマッコルへようこそ』 『明日の記憶』 >>